VIOの自己処理は危険

VIOゾーンのむだ毛の自己処理は衛生面やトラブルなどのリスクがあるので、できるなエステなどに任せるほうがよいのです。
VIOの自己処理は危険じゃないの

デリケートゾーンのムダ毛処理をすることは、ひとつのエチケットととも言えます。
例えば水着を着て、ムダ毛がはみ出したりしていたら、見ている人はいい気分では無いですよね。
また、デリケートゾーンの無駄毛の処理は、デリケートゾーンを清潔に保つのにも有効な手段です。
特に、生理の時のムレなどを感じにくくなります。
ムレは、カンジダなど、病院に行かなければならない病気を引き起こ原因にもなります。
デリケートゾーンの無駄毛の処理が必要だということは理解頂けたと思います。
しかし、自分で処理するのは結構危険な行為なんです。
以下に、自己処理の方法とメリット、デメリットを挙げてみます。

・カミソリで剃る
メリット:短時間で手軽に出来る
デメリット:色素沈着、埋没毛の原因になる
肌を傷つけやすい

・毛抜きで抜く
メリット:1本1本、自分の思い通りに抜くことができる
デメリット:埋没毛の原因になる
抜く時に痛みがある

・ワックスを使う
メリット:短時間で手軽に出来る
デメリット:埋没毛の原因になる
肌が荒れやすい

・除毛クリーム
メリット:短時間で手軽に出来る
デメリット:埋没毛の原因になる
肌荒れしやすい

以上、代表的な自己処理の仕方を挙げてみましたが、どれもデメリットがつきまといます。
そして、どの処理方法もしばらくするとまた生えてきてしまいます。
また、埋没毛は甘く見ていると大変危険です。
埋没毛とは、次の毛が生えてくるときに皮膚の表面に毛が出て来ないまま成長してしまうこと。
見た目も悪いですが、炎症が起こると膿がたまることもあります。
酷くなると、病院に行ったり、中には手術をしたといういう人も居るくらいです。

以上のようなことから、デリケートゾーンの処理はプロにお任せすることを強くオススメします。

札幌 VIO脱毛